母を救った薬膳スープ


年明け早々、母親が凍結地面で転倒利き手と背骨にひびがはいり怒涛の半月が過ぎました。
通常の業務に加え母親の身の回りのお世話が加わり、一瞬目の前が真っ暗になりましたよ〜(笑)

しかしながら起こったことは変えられません。
これも善。塞翁が馬だなぁとすぐに気持ちを立て直し、家族全員で家事負担を見直しました。

私自身もあばら骨にひびがはいったり、過労で一瞬寝込んだりというハプニングがありましたが、母親をお世話する日々で不思議と喜びがわいてくるのでした。

スィートヤスゴン(ボディソープ)のかくれた効果は「傲慢を洗い流す」といいますから、その効果かもしれません。そう考えるとこのボディソープはすごい効果ざんす(笑)

その時の気持ちの変化はFacebookに書かせていただきました。重複しますが転載します。
--------------------------------------------------
今日は母の医大検診日。

仕事休ませることに恐縮している母。

「いままでお世話になって、育ててもらったんだから、なんもなんも!(なぜか秋田弁)」とすんなり言えた。

自分のセリフに耳を疑ったよ(笑)

小さいころから、母親には素直に感謝の気持ちがいえずに47年。

... お嫁にいくときも「今まで育ててもらってありがとう」的なことを言おうとすると身悶えするほどこっぱずかしくて絶対いえませんでしたし
(もちろん両親への手紙のコーナーは却下)

婚家が倒産しておんぼろアパートに引っ越したとき、父親と一緒に米や野菜を担いで陣中見舞に来てくれたときすら、どうしてもどうしても「ありがとう」といえなかったわだすが。

↑ 両親帰ってからお皿をひっくりかえして号泣したのだが。
(お皿ひっくりかえす、は余計だろう。笑)

干支が4回りするほど生きてみて
昨日と同じ今日は永遠に続かない
人生には限りがある

ということが腑に落ちてきたのかも。

明日自分の命があるかどうかも
どこにも保障はないわけだから

家族やスタッフ、友達やお客様
ご縁があって大切な人たちに

「大好きだ」「ありがとう」って
毎日言葉にできたらいいなー。

うわー、ちょー、こっぱずかしいこと書いちゃったよ〜

ぎゃ〜〜!

こっぱずかしぃ〜〜〜〜けど、
今日も元気にバンガロー!LOVE

--------------------------------------------------

そして・・・母のことです。
 
母はおととしの年の夏あたりからゆっくりとゆっくりと体重、気力、思考能力が低下してきました。
黒人参に加えアマタケの薬を使わない南部どりの鶏がらスープとナルバルミネラルを使って骨、腎機能にダイレクトにきくようなスープをあみだし、少しが歯止めがかかったかにみえたのですが

去年の夏から再び劣化が激しくなって言動や行動もちょっと正常とは言えない感じになり、これは放置しておけないと、いろんな検査を受けました。

MRIでは脳の機能に異常はみつからないものの、テストをすれば「正常とはいいきれない」状態で、「ボーダーラインで様子見」との診断でした。尊敬するスーパーウーマンだった母親が耳を疑うような発言をしたり、行動をすることは私にとって非常に衝撃で大きなストレスですた・・・

追い打ちをかけるように人間ドッグで内臓疾患に再検査の項目がみつかり、その直後に転倒骨折。

そんな状況だろうと現実はまったなし!
涼しい顔して経営者の仕事、家事を全うしなくてはなりません。
いつのまにかわたしには大きな胃潰瘍ができていますた(笑)
ほにほに、ストレスの力は偉大ですなぁ。

しかし、母が骨折してくれたおかげで、わたしは自分の傲慢さに気づけたのです。
いつも自分を全力でサポートしてくれた母に感謝の言葉や行動をしていたのか?いつの間にか当たり前のように母をあてにしていなかったか?
こう考えると母が身を挺して私のさらなる成長への機会を与えてくれた、ともいえます。
物事は必ず両面あります。どっちの面に光をあてていくかで、悲劇にも祝福にも変わりうるわけで。

よーし!まけないぞ。今までごめんね、お母さん。
よい機会を与えられたのだから、徹底的に母親とむきあって母親を元気にしなくっちゃ!

わたしは腹をくくりました♪

ちょうど医大の循環内科の教授からHP制作を依頼されたばかりでした。
おかげさまで紹介状なくても教授に直接受診してもらえたことは大きな恩恵です。

薬膳スープもより骨とミネラルバランスの配合を研究し、腎機能、骨の機能、脳の機能を考慮し五行陰陽を検討し試行錯誤。毎日毎日作って飲ませること2週間。

昨日全部の検査が終わって医大を受診。
結果・・・経年劣化はあるものの治療が必要な重大な症状はないといわれたのです。

しかも教授がおっしゃるには
「前回みえられた時と別人ですね!この間は本当に病人でしたけど、今日はしゃきっとしていますよ!」とな!


やっぱり!

わたしも骨折以後真剣に母とむきあうようになって昔の母になってきたような気がしていたんです。
物忘れは相変わらずなんですけど、意識とか表情とか身のこなしとかが明らかに改善されているんですよ〜。なつかしい以前の母が帰ってきた感じなんです。

この薬膳スープもう少しがっつり続けていきます。

そして私と同じような悩みを抱えている方はいらっしゃいますか?
もしご両親が 記憶力の劣化、気力の低下、体重の減少などでお悩みで真剣にこのスープを試してみたい、という方がいらっしゃったら私に何かできないかな、と考えています。

ただしこちらで配合したベースレシピに食べる直前に分量通りの具材をいれ、朝夕手作りする意思のある方に限りますが・・・(できれば1週間〜10日の間経過も報告お願いしたいです)

これからも母に朝晩スープを飲ませて経過観察をしていきますね。
大切な大切な母ですので、少しでも楽しく元気になってほしいですから!

長文読んでくださりありがとうございました。

LOVE



| comments(2) | trackbacks(0) |
Entry Navi: << 岩手日報(1月30日)に載りました 冬の薬膳とビオワインの夕べ >>
Comment
悟りのうさぎさん

いつもあったかいコメントどうもありがとうございます(涙)
いつも「手をついてありがとう」なんてなかなかできるもんじゃありません。本当に素晴らいよう〜〜〜。尊敬するます。

自分の傲慢を洗い流すこと=ホ・オポノポノに通じるな〜と感じています。

他人じゃない、全部自分なんだすなって。

うさぎさんもご自愛くださいね。お互いにご自愛しましょう♪
Posted by: sayu |at: 2012/02/06 8:02 AM
読んでいて涙が出ました。

私はいつも母や義父に手をついて「ありがとう」を言っているのですが、
『本当に心からの「ありがとう」なのだろうか…?』と考えるようになりました。
お母さんもSAYUさんも、ご自愛下さい。
Posted by: 悟りのうさぎ |at: 2012/02/03 12:44 PM








Trackback

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

カテゴリー

最新記事

コメント

トラックバック

アーカイブ

携帯サイト

qrcode

Feed