【募集中】岡部先生xお料理教室

初回 2月25日(土)のお申込締切は 2月20日まで! 残席5名様

レギュラー、単発受講ともに募集中です!

岡部賢二先生と畠山さゆり、ソーベーズカフェのお料理教室、今年も開催が決定しました。
2017 菜食美人塾 お料理と学び 人生がぴかぴか輝く陰陽五行 望診講座 in 花巻

わたしたちの体は宇宙とつながる小宇宙。 内臓や感情、季節や色、森羅万象はすべて連動してつながっています。東洋思想の陰陽五行で内臓と感情の関係、顔にでるサインについて深く学んでみませんか?テーマにそったマクロビオティックのお料理を一緒に学ぶことで、一層理解が深まります。

昨年と何が違うのでしょうか?

季節に対応して活発化する内蔵の働き、内臓が弱ると顔や体にでる症状を学びます。さらに弱った内臓をサポートする料理を学べちゃうトータルでパーフェクトな講座です。畠山の断食マイスターを受講する方は本講座を同時受講するとぐっと理解が深まりスキルが高まります!
第1回
畠山さゆりの講義 「食学講座」何をどのように食べたらいいのか

しあわせ脳と食の関係

伝統食が残ってきた秘密

食材、調味料の選び方と意味

 

料理教室〜基本の調理

玄米の栄養価、研ぎ方、炊き方

基本食の調理 ひじきこんにゃく、きんぴらごぼう、切り干し大根、あずきかぼちゃ ほか

なぜ、この基本食なのかが理解できます。

基本をおさえれば、応用がききます。

 

ランチタイム

かみかみ実践。

1口ごとに箸をおいて50回〜100回かんでいただきます。

その後の変化を楽しみましょう。

 

14時〜16時

岡部先生の講座 

 

16時〜16時半

岡部Xさゆりトークライブ

 

17時〜懇親会

次回からは季節に対応した五行と内臓、お手当てするお料理を習っていきます。

★講師 岡部賢二
日本玄米正食研究所 所長、フードアンドメディカルコンサルタント、ムスビの会主宰。大学在学中に渡米し、肥満の多さに驚き「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究。
日本の伝統食が最高のダイエット食と気づいた後、正食と出会いマクロビオティックの講演や健康指導で日本全域を回っている2003年に福岡県朝倉市に移住、日本玄米正食研究所を開設。2009年MI塾を畠山が受講したことをきっかけに2011年より盛岡や仙台など多数の講座を受け持つ。

★講師 畠山さゆり
株式会社惣兵衛代表取締役
岡部賢二、山村慎一郎両氏に師事し、マクロビオティックと望診を習得。断食でスポーツに目覚め、フルマラソンランナーに。メンタルヘルス、経営、アスリート向けのコンディション調整に研讃を積む毎日。2006年日経ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門7位
アスリートフードマイスター2級
上級望診法指導士 

★料理指導 ソーベーズスタッフ
畠山講座〜シェフのお料理教室&ランチ〜岡部先生講座〜ケンジ&さゆりトークと豪華すぎるカリキュラムがあなたをお待ちしております。

★開催場所 ソーベーズカフェ
★持ち物 筆記用具 
★費用にふくまれるもの
・参加費 全6回で86,400円(税込)
・テキスト&お料理教室レシピ、お料理教室食材費、試食+試飲
・講座中にナチュラルスイーツとドリンクを用意します。

★限定20名様 申し込み〜入金順のエントリとなります。残席5名様

★お支払い方法 1回払いと2回払いが選べます。
・1回払い 86,400円(税込)
・2回払い 総額 87,480円(税込)<43,740円(税込)x2回>
・単発受講 15,120円(税込)

【キャンセル規定】

キャンセル料は、一律20,000円となります。当日キャンセルの場合、受講料全額がキャンセル料となります)
お申込み受付後、ご入金が完了した時点で正式エントリーとなり、
その後はキャンセル料が発生しますので、ご注意ください。
ご入金後のキャンセルについては、差額を返金いたします。
また講座当日になってのキャンセルは受講料を全額頂戴し、返金はありません。

※詳しくはちらし裏面をご参照ください。

★とりまとめ担当 :増永由紀子

お申し込みは お電話0198-24-7107

または cafe★sobe.jp ←★を@にかえてご送信ください。

ちらしはこちら
http://sobe.jp/cafe/pdf/2017OKABE.pdf

| comments(0) | trackbacks(0) |
Entry Navi: << 復活!ベジカレー 満月 2/11(土)〜2/18(土) >>
Comment








Trackback

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

カテゴリー

最新記事

コメント

トラックバック

アーカイブ

携帯サイト

qrcode

Feed